読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー憂鬱女のうつ病ではないけど憂鬱ブログ

病気までとはいかないけど毎日が憂鬱で苦しい人のブログ

ベーシックインカム(BI)実現してほしいけど無理っぽいので安楽死制度を求める

どんどん人工知能搭載のサービスが増えてく…

失業が迫ってきてるのを感じます。

 

私だけが失業するなら、最悪生活保護…ってなるんですが、いろんな人が大量に失業するとなると、生活保護の制度自体維持できなくなりそう

生活保護憲法で保障された権利ですし、左翼団体はうるさいしで、この制度自体は日本が日本の体面を保てるうちは無くならなかったとしても、

なんとういか日本という枠組み自体がぶっ壊れてしまいそうで‥

 

AI失業の対策としてベーシックインカムを推奨する方もいますね

ベーシックインカムはかなり端折って言うと、「政府が生活するのに最低限の金をすべての人に平等にばらまく制度」です。わたしも、ベーシックインカムで働かなくても平等に生活が保障される世界に来てほしいとは思ってます。

 

いや~~でも無理でしょこんなの。

税金をみんなに配るってのはいいですけど、大半の人が失業してる世界で、そんな税金がどこにあるというんでしょうか?AIを所有し稼いでる企業でしょうか?

AIでぼろもうけする企業がちゃんと日本に税金を納めてくれれば、そりゃいいですけど…現実的にはそれは無理だと思います。

今だってGoogleAmazonは日本にまともに法人税払ってないです

これらの企業はAIの先頭を走る企業です

AIの機能は当面クラウドの形で提供されると思うので、物質的地理的な制限ってないんでかなり課税しづらいとおもいます。

英国が執念の6年の追跡の末にGoolleに税金を払わせたそうですが、今のところ日本は無理っぽいですね

 

タックスヘイブンに金が落ちて終わり。

雇用される(税金が払える)人間の数は減りつづけるし、金を稼ぐAI系企業は税金を納めない。だから税収は増えずに減り続ける。だから配る金はない。

人工知能で効率的な生産がおこなえて農業も工業も生産力があがっても、金がない奴は貧しく、飢える。ガーナでカカオ生産に携わる貧しい農民がチョコレートを食べたことがないのと同じような感じですかね…。

でもチョコレートの味を知ってしまってる我々は精神的にとてもつらくなりそう。

税収がないので公共サービスも維持できない。ゴミ収集車も来ない、停電が頻発する、病気になっても病院にもかかれない。

 

労働市場で自分の価値を高めろ」

っていうけど、年々「価値があると認められるレベル」が上がってきているようで…

そろそろ私もついていけなくなりつつあってすgggっごく怖いです。頑張って勉強しても、意味がないって怖いし悲しい。

年を取ってきて体力が落ちたのも感じます。といってもまだ27歳なので、まだ本当の体力の衰えではなく、30歳40歳と年を重ねていけばもっともっと体がきつくなるんだろうなあ‥

資本主義じゃあ、金を稼げない者は価値がない、生きる価値がないってことになってしまう。

BI(ベーシックインカム)って、働いてなくても、生産できなくても、生きててもいいよ、苦しまなくていいよって制度だと思うので、本当に存在することへの”赦し”ともいえる制度だなって思います。

心から実現してほしい… でも無理… 

生きることが認められないんじゃあ、安楽死させて欲しい 人としての情があるなら

「なるようになる、最悪野垂れ死ぬだけさ」って軽く言う人もいますが、

ちょっと想像すればわかると思うんですが、垂れ死ぬってものすごく孤独だし、つらいし、痛みや恐怖を伴う死に方だと思います。

なるように任せるのはいやです。私はすこしでもいい方法を選びたい。 

 

フィンランド(実施するか未確定)、オランダのユレヒト、アメリカのオークランドにてBIの実験が始まります。

実験には相応の5年程度は必要であり、その結果を受けて、実験をやった国で本格導入が議論されて導入にいたり、その導入結果を見てノロマの日本はモタクサと議論を始めるとなると10年以上は余裕でかかります。

AIは日進月歩、毎日新しい論文が出てきます。論文を読むことすら追いつかない。(ぶっちゃけタダで読めるのを読んでみたんですが、私の脳みそじゃ読んでも理解できませんでしたーーーーー^a^ もーーーー死にたい!)

5年後ですら果たしてどれだけの人間が雇用にありつけているのか…。たくさんの人が自分は必要がない人間なんだという無力感と、収入がなくなり、金銭面で追い詰まられていくんだろうなと思います。そこにはきっと私の姿もあるんだろうな…

とても間に合わないだろうと思います。

 

もう安楽死しかないとおもいます。

生きていたい人は生きればよく、そうでない人は苦しみのない死を(といっても全く苦しまないわけじゃないですよ)受け入れる。

73億人も人間がいて、これからも増えていきます。

穏便に、本人も納得して人口を減らせる安楽死は最高にクールじゃないですか?

本格的に余裕のない世になれば安楽死なんか議論できなくなると思うので、いま制度を作ってほしい。

生きているのも死ぬのも恐ろしい。安楽死に助けてほしい。

 過去記事で、「死んでも意識はのこり、どこにも逃げられないかもしれない」と書きましたが、それでも私は安楽死でこの世から逃げたい。

 

zetubou-akirame.hatenablog.com

 

 

死後の世界と自殺 「我々はどこへからきて、どこへいくのか」

 

死後の世界とは

死後の世界ってあると思います?

私はあるかもしれないと思ってます。

とはいっても、スピリチュアルのいう死後の世界や、宗教の言う天国や地獄は信じてないです。

良いことをすると死後の世界でよい思いができますっていうアレです。

 「よいこと」の定義は宗教によって異なりますが、どの宗教も、その宗教的に定義されてる「よいこと」をすると死んだあと天国に行けるよ、ってやつです。

 

個人的には宗教には信者を統制して、宗教のおえらいさんの都合のよいように生きてほしいのですが、信者がそれをしたところで出せる褒美はない。

だから「死んだあと」なんていう確かめようのないことを褒美にして人を従わせるために死後の世界や天国とか言い出したのかなって思ってます。

ペテンじゃん!

 

そんなわけで天国や地獄は大嘘だと思うんですが、”死後の世界”、つまり人体が生命活動を停止した後も意識のようなものがあることは、否定できないと思っています。

 

死後の世界と量子力学 

量子力学的に考えると、死後の世界はある可能性が高いそうです。量子力学とか言われてもサッパリですが‥。

下記の動画が分かりやすかったです。


死後の世界を量子論で科学する

 短くてわかりやすいです。

 

私は文系なんでちょっとあやしげな理解ですが、

量子コンピュータの説明が難しすぎて文系農にはサッパリなんですが、

動画によると量子コンピュータはつながっていない、離れた回路同士が作用しあうらしい)

量子コンピュータ - Wikipedia

  • 人間の意識は、人間の脳みそだけで完結してるわけではないですよ。
  • 人間の意識は宇宙ともつながっていて、生命活動を終えたら宇宙に帰りますよ。
  • 脳みそが停止しても「意思」は消滅しないですよ。

という内容のようです。列挙すると突飛に感じるんですが、動画を見るとなるほど~~という感じです。

一分一秒でも長生きすることに価値があるのか 

死後の世界がないのであれば一分一秒でも長く生きることに「価値がない」と言い切れます。

「生きてることが素晴らしい、生まれてくることは素晴らしい」

という主張をする人がいますね。まあ自分が生まれこれてうれしい、生きててうれしいって勝手に思ってる分にはどうでもいいんですが、

この意見を他人にも押し付けてくる人って多くないですか?自殺が「ダメなこと」だと思ってて、自殺者を止めようとする人たちです。

「自殺はいけないことだよ!生きていればいいことある!生まれてきたことに意味がある!死んじゃダメです!」とかいうアレです。

そりゃあ電車に飛び込んだりビルから飛び降りたりして人に迷惑をかけるのはダメですよ。借家で首つっても大家さんに迷惑が掛かりますし。

ただ、「自ら死ぬ」ということ自体はダメなことでも悪でもないと思います。生きているほうがつらいのであれば死ぬ。何が悪いのかわかりません。

生きていればいいことがあるかもしれませんが、悪いこともある。良いことを享受するより、悪いことを恐れて命を絶つ。いいじゃないですか。

「自殺する時は正常な判断じゃなかった」だなんて、他人に私の意思を捻じ曲げられたくありません。

ただ、「あなたに死なれると悲しい、困る。だから死なないでほしい。」っていうのは理解できますよ。ダメじゃないけど死なないでほしいっていうのは自殺がダメなことだからしちゃダメ!っていう主張とは別物です。

 

この人たちの根拠なき「生きていることがよいこと」という思想とそれを他人に平気で押し付けて行動や言論を制限しようとするところ(してる自覚もないと思いますが)、はっきり言って気持ち悪いです。

 根拠もなく人の行動を縛る、傲慢で思いやりのない人間だと思いますね。↓みたいな感じです。

死後の世界があるなら、「生きている」それだけにも価値が出る

しかし、どうやら死後の世界は存在するらしい、となると「生きていること、ただそれだけ」にも価値があるかのうせいもあります

仮にあると仮定した死後の世界があまりにもクソな世界であるならば、一刻でも長くこの世にとどまることは意義のあることですよね。

あながちなくはないのではないかと思います。生き物って死ぬのを怖がりますよね。

本能だからといえばそれまでなんですが、もしかして、死後の世界(というか、脳みそが生ていない意識?が存在する世界)がものすごく理不尽で、恐怖と苦痛と哀しみに満ちていて、無意識にそれを覚えているから生物は死にたがらないのでは?

と妄想すると、死への恐怖もわかる気がします。

人間だけが唯一自殺をするのは、知能が発達し、無意識を意識が凌駕するからかな…とか。

とはいえ、自殺したら地獄ゆきっていうのはデマというか、支配者階層がつくりたもうた嘘だと思います。だってつらいからって農民たちにばったばった死なれたら、彼らのごはんはだれが作るんですか?ってことですよ。だから死んでもらっちゃ困るので死後を縛ることで禁止しただけだと思います。

それを真に受けて「自殺したら地獄ゆき!」とか言って追いつめられた人をさらに追い詰める人は、本当に人間として屑だと思います。

 

「我々はどこへからきて、どこへいくのか」ってなんかかっこよさげなんですが、

ここでいいう”我々”って”意識”のことだと思うんですよね。私を私足らしめているのって意識だと思うので。

きっとそう思う人が多いので重度の認知症精神障害の人の安楽死という議論が出てくるんだと思います。意識がなければもうその人ではない=生きていないって考えだと思うので。

死後の世界があるということは、生命活動を停止しても意識は消滅できない。

「我々はどこからも来ていないし、どこへも行けない。」ということになるような気がして…。

死んだほうがマシだ!っていう、死で良いことからも悪いことからも解放されることも無理なんじゃ…

存在するということから逃げられないのでは…

そう思うと絶望的な気持ちになります

消えて楽になりたいです

 

安楽死規制について

相模原の障害者施設での大量殺人事件の影響で、ネット上ではいろいろな意見が出てます

(1)重度の障がい者で社会の迷惑なので安楽死させるべきだ

(2)重度の障がい者で意思能力がなく、家族が安楽死をのぞむ者は安楽死させるべきだ

(3)本人が死を望む障害者や重病患者に安楽死を認めるべきだ

 

これらがごっちゃに「安楽死」の是非が語られていてなんとも不安な気持ちになります。(2),(3)はいいんですが、(1)はちょっと…。

 

別に「どんな人も生きてることに価値がある。生きていれば必ずきっといつかいいことがある」とか言うような傲慢な人間ではないですが、

ですがあまりに(1)のような意見があまりに出るとヘイトスピーチ規制のように法で規制されるのではないかと心配になります

人権派の人たちってすぐ癇癪起こして規制規制言いますよね。人権派の人たちって「人権だから」で一方的に抑圧するのが好きで、あんまり対話が好きじゃないんだと思います。怖い団体です。

 

安楽死を掲げる政治家(この間の衆議院選だと山田太郎議員が安楽死制度化を訴えていました)も出にくくなってしまうでしょう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝起きるのが憂鬱だ 永遠に目覚めたくない

朝起きたとき目が覚めたことにすごくがっかりする

夜11時ごろ寝て朝6時に起きる

目が覚めると信じられないくらい体がだるくて、起き上がれない。

そのまま一時間、なんかわからないけど「いやだ、つらい、くるしい…苦しい…怖い」

という真っ黒いなんかが腹で渦巻いていて起き上がれない

起き上がらず、朝食も取らず、会社にもいかず、昼食も食べず、夕食も食べず、‥と繰り返せば、楽になれるのではないかと考えてしまう。

 

どんどん苦しくなり、会社に遅刻しそうになって慌てて起きて着替えて朝食は取らずに会社に向かう。

眠って、二度と目が覚めなければどんなに幸せなんだろうか。

障害者施設での殺人事件と安楽死

最悪の事件が起きました…

神奈川県相模原市のやまゆり園で元職員の男性が入居者45人を刺し、19人が死亡しました。犠牲者の方々は怖くて痛い思いをしたことと思います。

恐ろしいことに、彼は「障害者は安楽死するべき」との意見を持っていたと報道されています。

 

私は安楽死の制度化を望んでいます。(安楽死できる「権利」がほしいのであって、誰かを安楽死させたいわけではありません)

というか人生にそれくらいしか救いがありません。一筋の光明です。

 

ですが、今回の事件でもともと望みが薄かった安楽死がさらに遠のいてしまいました………安楽死のイメージはストップ安です

きっと「安楽死制度があったほうがいいんじゃないかな」といえば、

障がい者を強制的に安楽死させるつもりか!」「弱者の権利が!」と感情的に否定されてるでしょう。悲しいです。

自己決定権の延長なので、理屈から言って自己の意思を表明できない方(法的に意思能力のない方)は心配しなくても安楽死する権利は得られません。(それはそれで残酷だと思いますが)

 …でもオランダで重度障害の新生児の安楽死はあったような気がする…

日本以外で安楽死できないのか

ちなみに、現在他国で許可されている安楽死ですが、現在ではスイスのみで外国人の安楽死を受け入れています。(安楽死については別の記事に書きます)

ディグダニスという団体が外国人の安楽死を受け付けています。団体への登録料25万、実際の安楽死執行40万と、70万程度(通貨レートによって変わります。渡航費用、現地滞在費用は別途かかります)

150万ほどあれば安心じゃないでしょうか。

なお、スイスでは身体的には健康なうつ病患者の安楽死は認められていませんのでご注意。

ベルギーで24歳の女性が鬱で安楽死が認められましたが、ベルギーの安楽死制度は外国人に開放されていません。

 

相模原の施設襲撃事件の犯人の「安楽死」との違い

 私が求めているのは(というか多くの安楽死賛成派)「自己決定権としての安楽死」です。自分の死に方、死ぬ時期を自分で決める権利です。

ある基準に満たないものに安楽な死を強制するわけではありません。

安楽死は「自己決定権」の延長なので、「本人の意思」に基づくものです。なので社会的に不利な立場の人が死を強制されるということは基本的には起こらない制度です。

 

すでに実施されている国では、「本人の意思」+ 複数の専門家の同意が必要などの手順が必要とされます

なので認知症のステージが進むと、意思能力が認められなくて安楽死できないということも当然あります。ちなみに、安楽死を受ける人は圧倒的に癌患者が多いそうです。また、収入の高い層が比較的利用率が高いそうです。

 とりあえず、安楽死障がい者やお年寄りに死ぬ義務を与えるものではなく、死を望む人に自分の死に方をより良いものにする権利を与えるものだと理解してほしいです。

死ぬのが怖い だからこそ安楽死したい

私は自分の将来が不安で仕方がありません。Aiによる大量失業で国が破たんし、医療制度や福祉度が破たんし、ろくに水道も通わない未来があるのではないか、

移民政策で移民が増え、多数派になった移民から弾圧され、住宅を取り上げられるのではないか、移民に社会福祉を食いつぶされ、自分たちは年金も医療も受けられなくなるのでは

AIによる大量失業で、無職者があふれ、治安は悪化し、自分も日々何もやることも成長もなしに無為にいきるのか

人口爆発が止まらず(すでに73億人もいます)、食料が枯れ、日々の食料にも飢えるようになるのではないか(ちなみに、餓死はとても苦しいです。空腹感は克服できますが、空っぽの胃が重度の胃潰瘍を起こし、眠れないほどのめまいと吐き気に襲われ、内臓が消化される痛みを味わいます。標準的日本人体型の方で水分は摂取する想定なら、30-60日間は食べ物を絶たないと死ねません)

 

40年後にがんになったとして、もし医療制度が破たんしていたら?亡くなるまでに何年か期間があります。この間の抗がん剤放射線治療は、現在の制度では何とか受けられても、医療制度が破たんすれば庶民には手の出る値段ではありません。もし骨に転移したら、、、そしてその時、もし、モルヒネを買うお金もなかったら…?

 想像するだに恐ろしいです。先進国以外ではモルヒネが不足しているがん患者はたくさんて、むしろ今の日本のように金持ちじゃなくても、ガンガンモルヒネを投与してもらえるのはラッキーなんだな~って思います。当たり前じゃないんですよ。ラッキーとはもろいものです。続きません。私たちのような20代の若者が、将来そのラッキーにありつける可能性って結構低いのではないでしょうか。

とか、考えたり…治安がクソ悪くなってて、強盗にぶん殴られて障害を負ってしまったりとか考えたり…

医療にかかるお金もなくて、中途半端に治療してお金が無くなって、家も追い出されて、一人で疼痛に苦しむ…絶対にいやだ…安楽死したい!

 

まあ、甘ったれていると思う方もいると思います。まあ、そうかもしれません。私は臆病です。が、それの何が悪いのかわかりません。税金使ってなんかしてくれってわけじゃないです。臆病でない人は病魔と最後まで戦い、安楽死しなきゃいいだけです。回復の見込みのない病苦と最後まで戦う。それは立派なことだと思いますが、他人に強制してよいことではありません。

 

苦しみのない死は、技術的にはできているのですから、望む人に与えられるべきです。

 (動画を見る限り、完全に全く苦しくないわけではなさそうです。が、ほかの自殺手段よりはマシだと思います)

 

スイスに行けばいいじゃん?

まあとりあえずスイスがあるから安心…って思いますか?末期がんになったらスイスに行けばいいやって

制度というのは恒久のものではありません。自分が末期がんになるころまでスイスの制度が安泰というわけではありません。先日ヨーロッパがやばいんじゃないのとか妄想を書きましたが、移民の主体であるイスラム教徒は自殺が教義で禁止されています。

 

zetubou-akirame.hatenablog.com

 

当然安楽死にも反対です。気に入らなければほっとけばいいんですが、宗教ってやつはそうもいかないんですよね。ちなみにキリスト教安楽死抵抗勢力として反対してました。

 彼らは彼らで死んだ後に天国に行くために必死なんです。良いとか悪いじゃなくて、利害が対立するんですよね…。

 

で、そんな彼らがオランダやベルギーでは多数派になりつつあります。(スイスの状況はちょっとわかりませんがシェンゲン協定に入っているので増えてると思います。)

制度として確立しても、反対派が多数になれば、制度は廃止になるんじゃないかと思います。

また、制度が廃止にならなくても、テロを起こしたり、安楽死を執行しているクリニックを襲撃するなどする可能性もあります。 クリニックは泣き寝入りして閉鎖、もしくは安楽死の執行を取りやめる

という可能性もあります。他人の命を安楽に終わらす代わりに、自分が殺されちゃたまらないですし。

 

かなりネガティブに思われるかも知れませんが、イスラムの世俗化の奇跡を成し遂げたトルコが、最近原理主義に回帰しています。エルドアン大統領が女性に避妊するなという旨の宣言までしました。まだ罰則はないですが将来は不明です。

世俗化によって経済発展を享受していたトルコでさえ、イスラム教国家に戻ろうとしてる…それだけ彼らにとって宗教は大きな存在なのかなって思うと、可能性としては否定できません。

 

先日世俗派の軍部によるクーデターも失敗しました。今後、トルコは100年前のようなイスラム教国に戻っていきそうですね。さよならイスタンブール

酒は禁止され(現在も時間帯によっては販売が禁止されました)、女性は外を一人で出歩けず、職業も徐々に制限される恐れもあります。

トルコで独身で生きることを選択した女性が結構心配です。数が少ないから弾圧されそうで。

 

女性の権利~!とか言うとフェミニストっぽく聞こえてちょっとイヤなんですが、

イスラム圏の女性差別はレベルが違い過ぎて、「ここに自分が女として生まれてたらヤバイじゃすまねえ…」って怖くて眠れなくなります。

求婚を断ったら硫酸を顔に賭けられる(犯人はおとがめなし)、レイプされたら家の名誉を汚した!って親族からガソリンをかけて焼かれる、年齢一ケタの幼女をレイプして殺して木につるす、ろくな職に就けないし、結婚相手の男性ももちろん選べないし(まあ今でも選べる立場ではないですが断る権利はある)DV率60-90%

日本とちがって、DVの証拠を押さえて訴えても「別にそれは罪じゃない」っていわれるの、怖すぎです。女は家にしかいられないシステムなのに、その家で殴られるって、一体この人たちはいつどこで安心するんだろ。まあ全部の地域でそうではないことは知っていますが、15億人以上教徒がいるので、たとえ10%でも1.5億人ですよ

 

女の管理職増やせとか生理休暇作れとかそういうのは別にいらないんで、

 能力が同じであれば平等に採用される権利、平等に法で裁かれる権利、税金において男性と同等の権利、相続において男性と同等の権利がほしいだけです。優遇しろとか管理職にしろとか言いたいわけじゃないです。(要は今の日本のままの制度を保ってほしい)

 

話がそれましたが、外国人の安楽死を認めるべきかという議論もスイス国内でもあるようですし、今安楽死がある国も、将来にわたって制度が安泰かというと決してそんなことはなくて、約束されたものなんか一つもないってことです

それでも安楽な死を約束してほしいです。

 

あと、現実的な問題として末期の病魔に侵された状態で飛行機に乗ってスイスまで行って、医師の診察を受けて(現地で安楽死が認められないと判断される可能性もある)って、かなりつらくないですか?

安楽死した外国人の遺体の処理をどうするかで、現地ではもめているそうです。日本で制度化されればそんな心配もないですし。まあ渡航費用なんかもかかりませんし

 

安楽に死ねる薬を携帯できれば安心して日常生活を送れるのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工知能時代の何が不安なのか ベーシックインカム

AIの発達によって、仕事をするのに人間がいらなくなる未来が、かなりの速さで迫ってきてます。一番先に食われるのはIT系だと思いますが、遅いか早いかだけの話でどの業種も無関係でいられません。

 

私はそれを非常に恐れていてなんちゃって鬱状態になっています。何もやる気がおこらず、将来の展望も見えず、ただただ不安だけが日々増大し、なにも楽しめないです。

(とはいえ、なんちゃってなのでたまに調子がいい時は楽しんでますが)

 

AIの台頭は本当に悪いことだけなのかといわれると、そうでもないこともあると思います。人件費を下げて富が生産できるので、これまでよりいろんなものが安くなるなどのメリットもあります。

「富の生産に人が不要ならば、働かずに豊かに生活ができるのでは」という考え方も出てくると思います。そうなれば素晴らしいですね。

 

  結論から言って、そのような世の中は実現不可能だと思っています。AIは無料ではありませんし、移民の問題があるからです。

 

考えてほしいのですが、AIの研究開発には金がかかります。サーバーなどのインフラ費用も掛かります。そして、AIは誰かのものです。企業や個人の所有物です。空気みたいにそこらへんにあふれているものではありません。

 

Aiが仕事を奪った世界だからといってAIはタダでは奉仕してくれません。金もうけのためにAIは存在するのです。金を持たない失業者は顧客になれないので、AIの恩恵にはあずかれません。

 

BI

しかし、大多数の人が失業してしまうと今のままの制度では対応できなくなります。今の制度は、ほとんどの労働人口は何か理由がない限り働き、税金を納めることを前提としているからです。

そこで提唱されているのがベーシックインカムです。

ベーシックインカム(basic income)とは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。基礎所得保障、基本所得保障、最低生活保障、国民配当とも、また頭文字をとってBIともいう。2000年代になってから世界と日本でも話題にのぼるようになった(wikipedediaより)

ベーシックインカムのことは以後BIと呼びます。

 

移民の恐怖

BIで働かずとも最低限の生活ができるなんてすばらしいと思います。私は家にこもって部屋から出ずに過ごしたいです。

ですが、実現は不可能だと思います。それにはいろいろあると思いますが、まず移民の問題があります。

大阪だけで生活保護を受け取る外国人が1万人を超えています。ベーシックインカムを実施すれば、インドやアフリカ圏からも人々が日本にBI目当てでやってくる可能性があります。治安的にも財源的にも崩壊します。

 

2016年の6月に、スイスでBIの是非を問う国民投票がありました。さすがスイスは進んでいますね。結果として賛成が二割弱で否決されました。

その理由としては「財源がない」「移民がスイスに押し寄せる」などがあげられました。世界には73億人も人が生きていて、8億人は餓死の危機に瀕しているそうです。何もせずに飯が食べられる国があったら、なんとしてもそこに行きたいと思いますよね。

 移民が悪かと言う話ではなく、意味と、移民でない人間とで利害が対立します。

 

じゃあBIの給付先を「日本国籍をもち、日本に居住するものだけに限ればいい」という意見もあるとは思いますが、それは難しいと思います。

左翼系団体は移民に非常に甘いです。彼らが反対して移民にもBIを配るよう要請しますし、彼らの力は割と強いです。(出身が移民の方も多いです。ネトウヨ的なあおりではなくちょっと調べれば出てきます。良い悪い、ではなく、「誰のために行動しているのか」ということです。)

京都でデリヘルを経営し巨額の利益があったにもかかわらず生活保護を受給していた外国籍の女性が逮捕されました。同じ京都でも、日本人の姉弟が生活保護受給を拒否され、餓死しました。いびつですね。なのできっとBIでも同様です。

 

私は右翼ではありませんが、ベーシックインカムを実現したいなら、移民の排斥は切っても切り離せないと思います。移民の方は、母国のBIを受けるべきです。制度に納得しないのであれば帰国する権利も彼らは持っています。なんでも「差別」って叫べばいいというものでもないですが、一部の人には通じません。

福祉の見本といわれたスウェーデンが、イスラム系移民の影響で崩壊しているのは実に参考になると思います。

今のスウェーデン財政破綻の危機もですが、レイプ率がアメリカを上回るとこのことです。

kurokiyorikage.doorblog.jp

元からスウェーデンは性犯罪率がほかの欧州の国よりも高かったとはいえ、異常です。ここまでの状況になってもスウェーデンイスラム系の移民を排斥することができていません。し、それどころかギャング化して老人施設を襲ったり、移民同士で固まってイスラム地区なんかを作って、警察も手出ししにくい状況になってます。

移民の大半は無職なのでスウェーデン国民が払った税金で生きているのになかなかにハジけてます。彼らはどんどん子供を産んで増えるので(教義で避妊を禁止しています)、排斥どころかいずれ多数派になります。イスラム教国家スウェーデンの誕生です。

民主主義というのは基本的には多数決で選ぶことが正しい世界なので、多数派になればイスラム法シャリーア法)で国を治めさせることも可能です。すでにスペインのカタルーニャなどイスラム系が40%に迫る市もあります。選挙権がどうなってるのか気になるところですが、めちゃくちゃ怖いです。

 

とにかく外国人の排斥なんて現実的にそんなことはできないと思います。

 

ベーシックインカムを実施しても移民地獄が待ってるだけ

なので、たとえ今の人口での計算で財源を計算したところで、ベーシックインカムはできないし、崩壊すると思います。それどころか、インド(レイプ天国)やイスラム系(レイプヒャッハー)の人が多く流入してきて、貧しいだけより最悪な社会になるかもしれません。

ちょっと前までは「文化教育とかちゃんとすれば分かり合えるんじゃない?」と思ってたんですが、移民を実際に受け入れたヨーロッパの様子を見て考えを改めました。

「レイプはいけないことだ」という教育を受けた15歳の移民の少年が移民センターの女性をレイプした事件や、そもそも気に食わない女(求婚を断られた)女の顔に硫酸をかけたりガソリンかけて焼き殺したりレイプしても無罪や軽微な罪な文化で育ってきたって考えると「夢物語だな~」って。

blog.livedoor.jp

彼らの一部か大部分かは不明ですが異文化や女に対する態度は最悪です。全員ではない!と反論を受けるかもしれませんが、私だってすべての人がそうだとは思っていません。が、日本にいる人たちよりそう言う人の割合いが高かったらダメですよ。

移民=「弱者」って思ってる人が多いですが、違う側面もあると思います。あえて女性の移民の方のことを無視してはなしますが男性は女性よりも大きく力も強いです。しかもアジア系でない場合、男性でも力で負けると思います。ぶん殴られたら死にます。以前外国のドミトリーで中東系と白人系の男性二人が殴り合いの喧嘩をしてるのを見ましたが、マジで女性や日本の草食系の華奢な男性は、殴られたら死にますよ。部屋の隅で絶で気配を絶ってましたが、恐ろしくてチビりそうになりました。人間が人間を本気でぶん殴ると、あんなにも大きな音が出るなんて知りませんでした。

 

スウェーデンではイスラム系移民が犯罪を犯しても、報道されなかったり出身がボカされていたそうです。)

 

そもそも「BIやってるらしいから移民しようぜ!」ってやってくる連中ってその国の中でもろくでもない人間が多いと思います。

 

ろくでもない連中が跋扈し、女の子を手慰みにレイプし、女の顔に硫酸をかけ、金品を強奪し、テロを起こし、神社仏閣を破壊し、シャーリア法だのコーラン騒ぎ、大量の移民により住宅事情が悪化し、借家は値上がり、移民にも日本の税金でBIが払われるから金が足りなくて、結局豊かに生活するには足りない程度の金しか配布されず、かといってAIのおかげで仕事もないので自分で稼ぐこともできずに慢性的に飢える未来の日本よりも、

AIで多くの人が失業し、社会福祉費は跳ね上がり、増税され、新規の生活保護の受給ハードルは大幅に上がり、大量の日本人が餓死したり簡単な病でも医者にかかれず死んだりホームレスになったりしても、神社仏閣が現存し、BL漫画も規制されずに読める未来の日本を選びたいです…。

たとえどちらも地獄だとしても、今の日本から文化があんまり変わってないほうがいい…。好きな服装ができないのも嫌だ。

 

どうしようもないと思います。何をどうやっても待ってるのは苦しい未来しかない。

なんかもう、生きていてもしょうがなくないですか?

というより、生きてないほうがよくないですか?

安楽死を認めてほしいです。もう安楽死しかないと思います。 

なんちゃってうつになったワケ 人工知能の機械代替

AIの恐怖

今年の頭まで、私は結構幸せに生きていました。

彼氏いない歴=年齢で婚活なんかもしましたが成果なし

おそらくこのままいけば未婚のまま生涯を終えるという確信がありましたが、

それならそれで一生懸命安月給なりにお金を貯めていましたし、お金を使う趣味もないのでそれも苦痛ではありませんでした。

オタクなので、pixivでイラストを眺めたり、漫画を読んでいられれば低コストで幸せでした。

実家に寄生し、老後の金を貯め、定年まで働き、親をみとり、最後はためた金でよい老人介護施設に入り死ぬ。あんまり人にも迷惑がかからない。

これが私の幸せな人生設計で、そのための努力もしていました。それなりに充実していました。

 

私が”なんちゃってうつ”になったのは、AIについて調べだしてからのことです。

 AIは私の幸せな(人から見てどうかは知らんけど)人生設計どころか価値観をぶち壊すもので、それ以来、何をしていても「意味がないのでは…」「悲惨な未来が待っているのでは」という無力感と不安と恐怖が押し寄せてくるようになりました。

 

AIとは

あなたは「AI」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

ターミネータのスカイネットのようなSFに出てくる人間を超える知能を持ち、意思を持ち、反逆を企てるようなまだ実現していない超知能でしょうか?

それともソフトバンクのPeppar君、Googleのアルファ碁、はたまたテスラの自動運転車といったすでに実現しているAIでしょうか。

そしてあなたはそれらにどのようなイメージを抱いていますか?

ここでいう「AI」は後者の、すでに実現しているAIを指します。そして、私はそれらに抱くイメージは”敵”や”恐怖”といったネガティブで恐ろしいものです。

 

AIの詳しい説明は割愛しますが、今AIと呼ばれるものは、「ディープラーニング」という技術を利用して作られています。

これの特徴は、すごーくざっくりで語弊があるかもしれませんが、人間がいちいちプログラムしなくても、データを流し込んであげればどんどん賢くなっていくことにあります。データから、勝手に勉強して賢くなるのです。人間みたいですね。

実際にディープラーニングは人間の脳の構造を参考にして考え出されました。(開発者のデミス・ハサビス氏はオックスフォードのプログラミング系の学部を卒業し、ゲームクリエイターをしていたようですが、脳の研究分野の修士だったか博士だったかも持っています。漫画に出て来るような天才ですね。)

Googleの人工知能開発をリードするDeepMindの天才デミス・ハサビス氏とはどんな人物なのか? - GIGAZINEGoogleの人工知能開発をリードするDeepMindの天才デミス・ハサビス氏とはどんな人物なのか? - GIGAZINE

人間と違って脳細胞は衰えないので、データを食わせれば食わせるほど精度はよくなります。使えば使うほどに賢くなっていきます。

 

AIと運転手

先日テスラの自動運転車が死亡事故を起こしニュースになりましたが、それでももうほぼ自動運転の技術は完成してると言っていいと思います。

米テスラ、「自動運転モード」作動中に初の死亡事故  :日本経済新聞米テスラ、「自動運転モード」作動中に初の死亡事故  :日本経済新聞

では、車が自動で走行し、しかも人間の運転より事故率が低いのはよいことなのでしょうか?

もし車が勝手に運転してくれるのであれば、街には流しの無人タクシーが走り回り、

ドライバーの人件費がない分、今のタクシーより格安で人々はタクシーに乗れるようになりますね。(一応日本には現在下限料金に規制があるので一概にそうとは言えないですが)

 

 しかし、そうなるとタクシードライバーはみな職を失うでしょう。では、消えたタクシードライバーの雇用はどうなるのでしょうか。

現在日本には37万人のタクシードライバーがいます。彼らが失業した後の受け皿はあるのでしょうか?ほとんどないでしょう。タクシードライバーの平均年齢は56歳と、中高年が多いのです。転職はとっても難しいです。たまにタクシードライバーのおじさんと話すことがありますが、失業して、その受け皿としてタクシードライバーになった肩も結構います。(統計とか見たわけじゃなくて自分の知ってる人はこう言ってる!程度の主観ですが)

稼ぎを失った彼らは、死ぬまで貯蓄で生きてゆければいいでしょうが、そうもいかないでしょう。元から貯蓄がない人もいるでしょう。

となれば生活保護です。

同じことがバスの運転手にも言えます。なお、バスの運転手は8万人程度らしいです。

 

そして、これは運転手稼業だけに言えることではありません。

アメリカのマイナーリーグの記事を人工知能が書くというニュースもあります。

APがAIでマイナーリーグ全1万試合をカバーAPがAIでマイナーリーグ全1万試合をカバー

文章の理解ができるAIすらも最近では開発されています。

となるとフリーライターなどクラウドソージング系の仕事もぐっと減ってきます。

毎日AI関連のニュースを見ていますが、その進歩の速さは冷や汗がだらだら流れるレベルです。とても追いつけない。毎日論文が発表され、毎日新しいサービスが発表され…。

どんどん人の仕事を代替すると思います。そして、職を代替された人への次の受け皿はなく、どんどんと生活保護が増え、社会福祉費が増え、日本の借金は増え、増税します。ますます生活は苦しくなると思います。

 

AIが進歩しても残る仕事なんかあるのか?

残る仕事はほとんどないと思います。

「機械が雑務をやってくれるのだから、人間はもっと創造的な仕事をすればいい」

そう主張する人間もいます。では、創造的な仕事って何なんでしょうか?

そしてそれには何人程度が従事できるのでしょうか?

いまやAIは作曲すら可能です。Youtubeで聞けるので聞いてみてはどうでしょうか。芸術も結局はパターンなのです。AIはパターン処理が得意なのです。

「AIによって新たな仕事が想像されるので大丈夫!産業革命の時のように!」

という楽観論もたまに見られますが、仮にAiが新たな仕事を生んだとして、それもAIにやらせればいいだけなので雇用は何の恩恵も受けないと思います。産業革命の時、人間は物理面で機械に勝てなかったので、論理面が必要な仕事に就くことにしました。しかし、今や論理面でも産業革命が起きてしまったのです。

 

「創造的な仕事(AIにできない仕事)」は今後時間が経ち、AIが進歩するにしたがって徐々に数を減らしていき、経営者とAIのアルゴリズムを開発する人程度残らないと思っています。(あと、法律で規制されている職業(国家資格が必要なもの、ロボティクスと結びつかないと難しい職)も残ると思いますが‥)ホワイトカラー系は本当にわずかな職業しか残らないと思います。

人口の何パーセントが従事できるんでしょう…。

少なくとも私には絶対にできない仕事です。私はどんなに努力しても職を失うことになるでしょう。

世界は少数の超金持ちと、大多数の貧困層の二極化に至ると思います。今いろいろ貧困がクローズアップされていますが、いくら対策をしても今後んどんひどくなるに違いありません。

絶望です。今死んだほうが幸せなのでは?

 

まあこれはかなり先で10年後くらいのことだと思っていますが。

それでも10年後です。10年後、わたしはまだ37歳。働き盛りだというのに。何もやることがない。できることがない。AIがやったほうが早くて確実で安い。職業がないから当然収入もない。

役目もない、金もない、存在価値もない、ない、ない、ない…

 

私は何のために生きているんでしょうか。

そして、食い扶持もなく、どうやって生きているのでしょうか。ちなみに私は目に持病があり、病院にかかれなくなれば失明します。

AIの発展で失業が激増して生活保護が増えると前述しましたが、

そのせいで日本の財政はパーーンと崩壊して、公共サービス(警察、医療、消防ごみ収集などもろもろ)もある程度崩壊すると思います。医療費なんか真っ先に上がるんじゃないですか?

寝たきりでもはや意思すらない植物状態のお年寄りへの費用は削減しないのに、要介護1.2レベルの人への介護削減を検討する政府ですからね。「弱者っぽく見えるもの」には優しい。弱者っぽく見えない弱者には厳しい。

 

 ガンになっても、モルヒネが高額で購入できない未来が来るかもしれません。(ウクライナなんかは現状でモルヒネの投与を受けられずにがん患者が苦しんでいるそうです。他人事ではなくなるかもしれません)

怖くてたまらないです。

ウクライナ:激痛に苦しむ患者たち 救済妨げる規制 | Human Rights Watchウクライナ:激痛に苦しむ患者たち 救済妨げる規制 | Human Rights Watch

 

 今、日本では労働力不足が問題視されていますが、今後、すぐに逆転して労働力は余るようになると予測されています。少子化なんて、気にしなくていいんです。

結婚も出産もしないほうがいいんです。(モテない女のひがみかもしれませんが)

人はいらなくなるんですよ。いらなくなっても、人間生きている限り資源を使います。自分の存在が利益を生まないコストで、削減対象になってしまう、いないほうがいいとされる未来が来るんと思うと、 怖くて怖くてたまらないです。

何もかも無駄

AIと競争するのは、自動車とかけっこするのと同じようなものです。

自動車は日々モーターやタイヤを改良してきます。でも、私にはアップデート機能はありません。そう思うと、なんで生きているのかわからなくなってしました。

 

スペックは低いもののこつこつ勉強して資格取ったりするのが好きだったんですが、今はもう何をどう勉強していいのかわかりません。休みの日は起き上がるのもだるいので飯も食わずにベッドの上でインターネットをして憂鬱だ、憂鬱だ、助けてくれとばかりほざいています。何を思い何をしたところで、AIの勢いは止まりません。AIは莫大な金を産むのです。世界の誰もかれもがAIを研究し、加速度的に研究が進むしか道はないです。

一番最初に淘汰が始まるのはIT業界

冒頭で述べましたが、私は文系出身のシステムエンジニアです。(データサイエンティスト)おそらく私は二年から三年以内にこの職を失うのではないかと思っています。

タクシードライバーなど運転業の方の雇用が失われる例を挙げましたが、運転手業には一応法律がありますので、ある時期まで守られると思われます。また、人命にかかわるため、導入にも慎重にならざるを得ません。時間の問題ではありますが、ある程度の猶予があると思われます。

しかし、IT業界には何の規制もありません。そして、ITには物質的なものがあまりないので、規制もかけづらいです。そして、この業界は金になります。

ノーガードでボコボコです。エンジニアへの雇用ニーズは最後まで残ります。しかし、最期まで残るのはAIのアルゴリズムを考え出せるレベルの、高度な数学、工学的な知識を持ったかなり上級の、ほんの一部のエンジニアだけです。

日本にいる88万人のIT業界の就労人口のうち、それができるのは何人いるのか。できない人はどうなるのか。(当然転職しなきゃいけないし、転職できなきゃ無職になる)

 

何をしてもいずれ無駄になる… しかも、そのいずれはとても早い…

明日か、明後日か、来月か…

何をすればいいのか… 何をすれば不安から逃れられるのか

誰か教えてほしい