読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー憂鬱女のうつ病ではないけど憂鬱ブログ

病気までとはいかないけど毎日が憂鬱で苦しい人のブログ

銀魂面白いなあ

何やっても憂鬱で憂鬱でたまらない

銀魂見てる時だけ憂鬱が薄れる

銀魂最高だな… 

 

アニメや漫画の世界はいいなあ

作者が考えたこと以外起きない、完全に制御された世界ってところがすごくいいと思う

 

小さなことにも病的に不安を抱く性質があるので、不安のない世界は素晴らしくうらやましいと思います

人は大体80年間、運が悪いと90年もいろいろな不安の中で生きていかなくてはいけません。

 

私はあまりに毎日が不安なので貯金を重視しています。スタバなどもってのほかで毎日水道水を飲んで金をためています。

でも金があったとしても、例えばひどいインフレが起これば金など紙屑、治安も乱れるだろうし、もっと最悪なのは中国と開戦したら金があっても…

まあどんなに頑張っても無駄なことってあると思うんですよね。でもそんなの納得できないし怖いです。漫画の世界はとりあえず頑張れば最悪なことにはならないのがいいと思います。

 

病魔に侵されても医療制度がどうにかなってて、緩和ケアが高額になっていて自分の金じゃ受けられないとか、

中国と戦争になって、拷問されるとか(通州事件というのがあって、中国にある町の日本人すべてがめっちゃやばい殺され方で殺された事件があるんですよ。まちの人全員でうすよ。全員。 日本も相当の悪事をやらかしたことは知ってますし、どっちが悪いとか言いたわけじゃないので、右や左の人はヒートアップしないでください。

拷問されて殺される、そういう目に合う可能性があるってことを言いたいんですよ。)

 

中国のAI投資すごいですからね。一兆円か一兆元か忘れましたが、日本とは文字通り桁違いの投資です。あと、日本と違ってGoogleを規制していたので、百度など、強いWeb企業もあります。

日本にいまどんなWeb企業があります?GoogleAmazonも、FacebookTwitterもすべてアメリカの企業です。規制すれば必ず強いWeb企業が生まれたかというと断定はできませんが、規制は必要だったのではないかと思います。

中国には検索の百度バイドゥ)、ミニブログのウェイボーなどがあります。素晴らしい企業だといいたいわけではなく、日本にこういった企業が生まれなかったことはAI競争において非常に不利だということが恐ろしいです。

AIと軍事は密接に結びついてくると思うので、割と近いうちに日本が中国に手も足も出なくなる日が来ると思います。

念のため言っておきますが、私は右翼というより、すべての国は敵であるという信条のもとに生きてます。アメリカも恐ろしいと思ってます。基本的にすべての国と国は敵同士です。弱いやつが食い物にされるだけです。日本はだんだんザコ化していってるので恐ろしいです。

 

 

何考えても無駄なので、現実頭皮をするのが一番いいんです。

毎日仕事してないときは漫画のこと考えてます。早くぽっくりと逝って不安から逃れたいです。